ブルネシャの風習がスゴい!アルバニアの男装風習が世界まる見えで紹介

ニュース

ブルネシャの風習がスゴい!アルバニアの男装風習が世界まる見えで紹介

今回、

世界まる見えで

アルバニア共和国の

知られざる風習、

『ブルネシャ』が

紹介されました!

 

そのブルネシャについて調べ、

まとめてみました!



<スポンサーリンク>

ブルネシャの風習がスゴい!アルバニアの男装風習が世界まる見えで紹介

①そもそもブルネシャとは?

ブルネシャとは、

アルバニア共和国に残る風習です。

 

男性として生きる男装した女性のことです。

 

アルバニアの人にとってもかなり謎の存在で、

アルバニア国内でもほとんど伝説の存在と

なっています。

 

起源は500年以上も前で、

現在でも恐らく100人前後で

正確にはわかっていないそうです。

 

北アルバニアには「Kanun」(カノン/教令)

という掟があり、

女性が男性と同じ権利や生活を

することができません。

 

なので、事故などで男性が

いなくなってしまった家族が

生きるために、

カノンで定められた儀式を行い

女性がブルネシャになり

男性として生きることで

家や財産、土地などを

守ることができます。

 

その代わり

一生処女として生きることが定められます。

 

なので致し方なくブルネシャになる方が

多かったのではないかと思われます。



<スポンサーリンク>

ブルネシャの風習がスゴい!アルバニアの男装風習が世界まる見えで紹介

②ブルネシャになると

ブルネシャのなった女性は、

男性として男性の仕事をします。

 

農作業や、

トラックの運転修理なども全部こなします。

 

女性にはとてもハードな仕事になります。

 

そして子孫も残せないので、

孤独になってしまう方もいます。

 

ですが兄弟や家族のために

耐え忍び、

家や土地、畑を守り

家畜や果実を育て

ブルネシャとして暮らすそうです。

ブルネシャの風習がスゴい!アルバニアの男装風習が世界まる見えで紹介

③まとめ

今回、『世界まる見えテレビ特捜部』で

初めて知った方も多いのではないでしょうか?

 

アルバニアに伝わる「カノン」という掟は、

女性にとても厳しく、

女性は家庭内でなにかを決めたり

口答えすることもできません。

 

そんな文化のある地域で

男性を失った家族のなかで

覚悟を決めてブルネシャになる。

 

とても辛い選択かもしれませんが、

生きるため、家族のために

ブルネシャになった方々を

尊敬せざるをえません。

 

彼女たちはとても家族思いの

やさしい女性なのです。



<スポンサーリンク>

コメント